ひとさじの物語

お便りします。
「おっきな丘のまん中で、ピクニック気分でお昼どきが過ごせたらいいのに。」
なんて夢みているあなたへ。

こんな山カフェまで来てくださいますか。

小麦畑のまん中で。
手しごとの暮らし「きっちん・ひとさじ」。

わたしたち、土と太陽と風の匂いがたっぷりのまいにちで。
だから。都会にあるような美食家のためのレストランにはなれません。

そのかわり、ここでのおもてなしは畑の種まきからはじまっています。
丘の恵みたっぷりの煮込みスープと、手ごねチャバタ。

わたしたち。

北海道でいちばんしあわせなお料理は、「スープ」なのだと。
丘のうえで夢みたぶんだけ香りたかく。
かけた時間と手しごとの分だけおいしくて。しあわせになっていく。

ひとさじの魔法。

ただ、スープとパンがあればいい。

そうだ!気分な日。そんなときは、いつもの山のキッチンでおまちしています。


北西の丘展望台まえ。
ひとさじ農場「きっちん・ひとさじ」。