客 席


ホール30席、テラス20席

おっきな畑のまんまん中に。

暑い日は、なかで涼んでください。

でも風が香る日は、
ぜひ、ひろがる農場の空気をたのしんで。

からだ中でおいしさを感じてほしいです。

キッチン建築記

石と木と鉄と土と。って感じ。

 

もともと建ってた古家や馬小屋からでた古木や基礎。生かせるものはいかして。

元図面は、鉛筆書きの方眼紙1枚だけ。スマホもろくに使えないので、むずかしいソフトなんか見せられると吐きそうになります。

カタチができたらその中に佇んで何時間も妄想します。ひたすら歩き回ったり。そのうち脳ミソでコトンと音がする。

・・・・・・

このキッチンは、たしか2015の夏頃から2018の春までかかってこっそり建てました。

古いモノ・コトが好きなのでこうなりました。こういうのしかできません。ひとはヨーロピアンだとか立派なことも言ってくれますが、行ったことないのですみません、話を合わせることもできません。

夏は畑しごとや宿の仕事の合いまをぬって。雪になると、まるまるふた冬、現場に籠りきりだったように思います。暖房がまだの建築中は痛いほどに凍えました。そんな日の記憶は鮮烈です。

手伝ってくれたすべての人々、友人にこの場で感謝です。もし、ここを訪れるみなさんが気に入ってくれたら、それはまったく本望というほかありません。  

亭主敬白