イエティのいえ。
2021年夏(8月予定)オープン。

※お知らせ
報道などでご覧のとおり、ことし、美瑛の当地区が60年ぶりとも言われる干ばつに見舞われていて、7月末時点ですでに約2か月にわたり雨がふっていません。過去干ばつにも長雨にも耐えた100日とうきびですが、はじめて全滅の危機に瀕しています。できることをすべて粛々と努力し、天命を祈る毎日です。
このようななか、イエティのいえ、100日とうきびの販売に際して、延期、中止も含めて柔軟な対応をとらせていただきたいと思います。ご理解をお願いします。

「きっちん・ひとさじ」へと向かう
下り坂のすぐ脇、
小さなちいさな赤いトンガリ屋根。
それが「イエティのいえ」。

ここは、 農場ソフトクリームの専門店。

「ひとさじ農場の100日とうきび」を専門に
スイーツに仕上げる工房です。
びえい産ジャージー牛乳100%のベースに、
たっぷりのとうきびソースをまとった、
とれたて、ここだけの農場スイーツ。
  


 
「ひとさじ農場の100日とうきび」
(スーパースイートコーン)

誰も信じてくれないほど、
とうきびを可愛がります。

こんな片田舎のスイートコーンですが、
北海道はもちろん、全国の有名店のバイヤーさんが
ビックリしてくれます。

ていねいに。ていねいに。
ひとさじ農場は、とにかく手作業が多いです。
一粒ひとつぶ手でタネまきしたら。
巣だちの時まではたいせつに温室そだち。

まだ寒風のころに、丘に専用の
あたたかいベッドをつくってあげて。
何まん本の苗の植えつけも、
水やりもぜんぶやさしく手でおこないます。

雨にもマケズ、風にもマケズ。
100~120日もかけて、
ゆっくりと成熟していきます。

そうやって、ようやくの100日後・・・
メロンにもまけない甘さ。おいしさ。
(2020年の参考糖度18~21度)

こうして「ひとさじ農場の100日とうきび」は、
2018年の長雨にも。
2019年の大干ばつにも。
負けなかったのです。

「きっちん・ひとさじ」への下り坂ヨコ。
小さな赤いとんがり屋根。
イエティのいえ。

coming soon…